赤ちゃんの『ハンドリガード』『フットリガード』は新生児期のこの時期だけ

『ハンドリガード』『フットリガード』・・

なんてかっこいい響き・・(*´Д`)

赤ちゃんが自分の手をじっとみて固まっている事ないですか・・(*’▽’)?

それが『ハンドリガード

ハンドリガード

赤ちゃんの新生児期、生後3~4か月頃の赤ちゃんの発達過程でみられるしぐさのことです

目次

見る力

生まれてすぐの赤ちゃんはまだ目がほとんど見えず、『明るい』『暗い』の明暗を認識できる程度で、視力としては0.01~0.02程度と言われています

目の周りの筋肉も未発達の為、何を見るでもなし、目がきょろきょろ動いていたりします

強い光に反応したりはしますが、みたいモノ、対象に対して焦点を合わせる事は出来ません

『固視』

生後1ヵ月くらいで一点を見つめる『固視』がみられるようになります

赤ちゃんを抱いていると、抱いている人の髪の生え際辺りを『ジー―――』っと見続けることが多くなります

赤ちゃんと目が合って、もうカワイイ全開ですネ(*´Д`)

『う~ん♪』ずっと私の顔見てる~♪って感じで、世のじいじとばあばは赤ちゃんの虜になっちゃいますw

『追視』

固視が始まると、対象物の形や輪郭がわかるようになってきて、2~3ヶ月位で『追視』、つまり自分の目の前のものが動いた方へ視線を動かすようになります

『追視』が始まると・・かわいさ倍増です

視力的にも0.04~0.08位になり、パパやママの顔の表情を判断できるようになると言われています

赤ちゃんの表情も格段に増え、今まで以上に周りは赤ちゃんにデロデロになっちゃいます

写真でも、表情がはっきり見えてくるので撮りごたえがあり、お父さん・お母さんが一眼レフやミラーレス一眼なんかのカメラに興味を持つ頃ですw

スタジオで写真を撮ってもらい、アルバムを作ることを考えたら、一眼レフやミラーレス一眼を買ったほうがコスパがイイですね(*’▽’)

うちもこの時期にミラーレス一眼を買いました・・w

最近のスマホは超高性能で、写真もめちゃくちゃ綺麗に移せますが、一眼レフ特有の背景がぼけて被写体が映えまくる・・

ミラーレス一眼レフカメラで赤ちゃんをとる人

写真はやっぱり一眼レフですね

出来上がりが全然違います♪

赤ちゃんの表情を引き出せれば、もうプロの写真♪

沢山写真を残したかったら良いカメラを手に入れることをお勧めします!

レンズを変えれば運動会なんかでも大活躍間違い無し(*´Д`)

『ハンドリガード』

赤ちゃんが自分の手を見つけます(‘ω’)ノ

『あれ・・?なんだこれ・・』

『ん・・?』

『あれ・・?動くやん・・』

『え?これ自分で動かしてる・・?』・・的なヤツです

赤ちゃんが自分の手を発見し、なんとなく自分で動かしてるんちゃうかな・・?と脳が認識していると言われています

生れた時に3kg以上ある場合はSサイズを選べば良いでしょう・・3kg以下の赤ちゃんは、新生児用小さめ(~3kg)かグーンの3S(1.8〜3.5kg)・・あとは赤ちゃんの体型と肌との相性とパパ・ママの好み・・ママの育児ブログ パパ、赤ちゃんありがとう日記 | kanoalink

『フットリガード』

ハンドリガードの足版『フットリガード』です

フットリガード

赤ちゃんが足を発見し、なんとなく自分で動かしてるんちゃうかな・・?と脳が認識します


『ハンドリガード』『フットリガード』はこの時期だけ

『ハンドリガード』『フットリガード』はこの時期だけにみられる期間限定の赤ちゃんのしぐさ

いつも見つめてるな~・・と思ってると、あっという間に全然しなくなっちゃうので、赤ちゃんが『ハンドリガード』や『フットリガード』してるのを発見したらしっかり目に焼き付けておきましょう(^^♪

『ハンドリガード』は手に氣をためているように見えてたまらなくかわいいですよ(*’▽’)

『出産祝い』と『内祝い』 出産に慣れない育児とばたばたしている中で、不定期ちょいちょい発生するのが、この出産祝いと内祝...

ママの育児ブログ 妊活・妊娠・出産・育児・・

パパ、赤ちゃんありがとう日記 | kanoalink

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする