新生児用『オムツ』の選び方・判断基準・・赤ちゃんが生まれてから最初のお買い物・・

新生児用『オムツ』の選び方・・赤ちゃんが生まれてから最初のお買い物・・


赤ちゃんが生まれたら最初に必要なもの・・

それは『オムツ

おむつ

赤ちゃんが生まれて、初めに買い出しに言ったモノがコレでした

今となっては、うちの子のオムツはコレ!ってわかっているので、『オムツ買ってきて~!!』ってなったら迷わず買って来れます

赤ちゃんの体重って、生まれてくるまでわからないモノで、うちの子も産前の診断では3kg以上だったんですが、生まれてきたら2.5kg・・

下の説明を読んでいただければわかって頂けますが、この0.5kgがオムツ選択の上でややこしいところで・・

皆さんも、オムツは産前に買い込むのではなく産後、赤ちゃんの大きさを確認してから買うことをお勧めします!!

しかし私も赤ちゃんが生まれた直後はどれを買ったら良いか分からず、オムツ売り場でウロウロ・・苦笑

今となっては良い思い出です haha

今から赤ちゃんが生まれてくるパパさん・ママさんに、新生児用のおむつを買うときのサイズの判断基準を教えますョ~!

新生児用『オムツ』の選び方

新生児用おむつは基本Sサイズ 体重目安:新生児~5kg

生れた時に3kg以上ある場合はSサイズを選べば良いでしょう

メーカーとしてはメジャーな『グーン』『ムーニー』『パンパース』『メリーズ』辺りから選択すれば間違いないでしょう

各メーカー特徴がありいろいろ試しながら、赤ちゃんと相性が良いものを選びましょう

メーカーによって、足の太さが合わない、腹回りのサイズが合わない、背中漏れする、横漏れする、肌が荒れる、蒸れる・・など、各社のオムツと赤ちゃんの体型・肌との相性で決まってきます

うちはなんとなく『ムーニー』にしたかったのですが、うちの子とのサイズ感、蒸れ感で『グーン』が一番相性が良く、最終的に今は『グーン』に落ち着いています



小さめの子には、新生児用小さめ(~3kg)かグーンの3S(1.8〜3.5kg)

3kg以下の赤ちゃんは、新生児用小さめ(~3kg)グーンの3S(1.8〜3.5kg)です

うちの子は2.5kgで生まれたので、4kg超えるまでグーンの3Sを使用していました

産院ではグーンの3S、退院してから一旦ムーニーの(~3kg)を使用していましたが、すぐパッツンパッツンになり、再びグーンの3Sに戻りました

その後、4kg超えてムーニーのS(新生児~5kg)に戻りましたが、相性がイマイチで現在はグーンです

ちなみにグーンの3Sは地元には全然置いているお店が無くて、Amazonで購入していました

オムツ・おしりふきはAmazonプライムの定期購入がおすすめ

『地元にグーンの3Sが売っていない件』のおかげで、はじめてAmazonを利用しました

『オムツ』はAmazonプライムの定期購入が圧倒的に安くオムツを入手出来るので、この時期はAmazonのプライム会員になり定期購入することをおすすめします

Amazonと宅配便

オムツとおしりふきを定期購入してれば、会員費なんてあっという間にペイ出来てしまいます(‘ω’)ノ

生まれたときに3kg以上か以下か

生まれたばかりの赤ちゃん用のおむつは以下の判断基準でサイズはOK!
メーカーは赤ちゃんの体型と肌との相性と、パパ・ママの好みで決めましょう♪

ちなみに価格はナチュラルムーニーが圧倒的に割高(オーガニックコットン使用)であとはたいして変わりませんョ(‘ω’)ノ

3kg以上はSサイズ

3kg以下は新生児用小さめ(~3kg)か、3S


新生児用のオムツまとめ

新生児用はとりあえず新生児用は3kgを基準Sサイズにするか、新生児小さめや3Sにするか、判断する

おむつをした赤ちゃん

あとは赤ちゃんの体型と肌との相性とパパ・ママの好みで(‘ω’)ノ♪

『新生児期』っていつまで?『乳児期』・『幼児期』は・・?の記事はこちら

『出産祝い』と『内祝い』 出産に慣れない育児とばたばたしている中で、不定期ちょいちょい発生するのが、この出産祝いと内祝...

ママの育児ブログ 妊活・妊娠・出産・育児・・

パパ、赤ちゃんありがとう日記 | kanoalink

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする