洗濯洗剤と柔軟剤・・赤ちゃんの肌に接し、口に入れちゃう衣類の洗濯には

赤ちゃんができるまでは、衣類を洗濯するのにどんな洗濯洗剤を使うか、柔軟剤は・・なんてたいして気にしていませんでした

でも、妊娠、出産準備中にいろいろ調べると気になることがチラホラ・・(‘Д’)

我が子のことを考えると、とても大人用の洗剤に柔軟剤・・なんてのは無理無理・・(-“-)ってことで、うちは赤ちゃん用と大人用で洗濯洗剤を使い分けています

洗濯洗剤

洗濯洗剤や柔軟剤に含まれる合成化学物質・・

洗濯洗剤や柔軟剤には、洗浄力や漂白効果を強める為や、良い香りをつける為や、洗濯後の肌触り、手触りを良くする為にさまざまな合成化学物質が含まれています

この合成化学物質は肌の弱い人、肌が敏感な人、体の調子が悪く免疫機能が落ちている人に対して、肌荒れやアレルギー、体調不良を引き起こす可能性があると指摘されています

一般的に洗浄力や、洗濯した後の白さを強調した物や、強い香りを強調したような物は、肌が薄く敏感な赤ちゃんが直接肌に付け、口に入れたりするような衣類などに使用するのは控えたほうがイイと思います



洗濯洗剤

界面活性剤』と『蛍光増白剤』に注意

界面活性剤は非常に強い洗浄力がある代わりに、毒性も強いと言われています

また、皮膚障害やアレルギーの原因になると指摘されることもあります

蛍光増白剤は洗濯物を白く輝かせる染料の一つで、これを含む洗剤で洗濯した場合、仕上がった洗濯物にはこの蛍光増白剤が付着している事になります

この蛍光増白剤については「乳幼児用製品にはできるだけ使用を避ける」ように経済産業省から警告が出ています

赤ちゃんや子供用衣類の洗濯洗剤を選ぶ際は、これらの成分が含まれていない脂肪酸カリウムなどを洗浄成分とする液体石鹸など、安全性の高い洗剤を選ぶことが望ましいでしょう

柔軟剤

柔軟剤の成分にも、肌触りや手触りを良くするために界面活性剤が使われたりしています

これは先ほども書きましたが人体への毒性が強いため、赤ちゃんや子供用の衣類洗濯には使わない方がい良いでしょう

また強い香りを出すために含まれる香料に関しても、香料の詳細に関して記載の無い商品は赤ちゃんや子供用に使用するのは控えたほうが賢明です

柔軟剤の香り・香料は化学物質過敏症の原因の一つとして指摘されることもあり、柔軟剤などの香りによる健康被害は『香害』として問題となりつつあります


赤ちゃん用の洗剤は安全第一で

世には汚れ落ちの凄い!!めっちゃ白くなる!!めっちゃいい香りのする♪めっちゃフワフワになる♪洗濯洗剤や柔軟剤が出回っています

しかし、赤ちゃんや子供の肌は薄く、超敏感!!

乳児湿疹 あせもがでちゃった赤ちゃん

赤ちゃんや子供用の洗濯洗剤や柔軟剤を選ぶ際は、しっかり成分表を確認し、安全第一で選ぶ必要がありますネ(‘ω’)ノ

スタイには形と材質で様々なタイプがあります デザインは・・360度ぐるっと一周カバーしてるものまで様々・・気が付いたらよだれを受ける部分がくるっと回ってマントみたいに・・おススメです うちは、家では360度カバーしてるやつで、お出かけの時はバンダナ型と使い分けています

ママの育児ブログ 妊活・妊娠・出産・育児・・

パパ、赤ちゃんありがとう日記 | kanoalink

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする