乳児期・離乳食期の赤ちゃん・子供の歯磨きの目的と歯磨き粉の安全性 ブリアンと太陽油脂

うちの子も気が付けば7ヵ月・・

うれしいことに歯がはっきりと生えてきました

歯が生えてくると気になるのが歯固めと歯磨きですね

今回は歯磨きのはなしを・・

歯磨きといえば、目的は虫歯予防です

特に、この歯が生えてきた時期の歯磨きには

赤ちゃんの歯磨きとママ

今後の虫歯予防のベースとなる、とても大切な意味合いがあるのです

歯磨きの目的:乳児期

歯磨きの意味なんて虫歯予防に決まってるやん・・

そう、それはそうなんですが、歯が生えてきた乳児期の赤ちゃんの歯磨きは

歯磨きに慣れる!』という大きな目的があります

口の中に歯ブラシを突っ込まれて、歯を磨かれることに慣れていません

当然慣れていないことをされるので、赤ちゃんは泣いてしまします

ここで、歯磨きの導入を間違えてしまうと

赤ちゃんにとって歯磨きが苦痛となり

今後の歯磨き・虫歯予防が難しくなってしまします

お風呂や水遊びと一緒で、導入で失敗してしまうと後が大変なので慎重に進めていきましょう(‘ω’)ノ

嫌がっているのを無理やり・・というのはお勧めできませんョ~

まずは慣れるところから:離乳食期

歯磨きが苦手な子供の原因の多くが、この歯磨きの導入時に

嫌がる子供を押さえつけて無理やり歯磨きするため・・といわれます

歯が生え始めた頃の赤ちゃんが来るにするものといえば

せいぜい離乳食・・

興味があって自らが口に入れるものと違い

無理やり口に突っ込まれる歯ブラシは、赤ちゃんにとって得体のしれない物体でしかないのです

まずは歯や歯茎に歯ブラシが当たることに慣れさせることから始めましょう

だいたい生え始めの頃は歯磨きしなくても虫歯にはなりにくいものです

歯ブラシを嫌がる場合は、綿棒や、ガーゼを指に巻いて

ちょんちょんと触り、触られることに慣れることから始めましょう

子どもの英語教育について・・ うちには未だ子供がいなかった時、姪っ子や甥っ子がいろんな習い事に通っている事に対して 『うわ~!!最近...

嫌がるのに無理やりは逆効果

読んで字のごとく・・

歯磨きという行為自体が嫌いになってしまいます

大切なのは楽しみながらやること

子は親の背中を見て育つといいます

これは、日ごろの行い全てに言えることです

まずはお母さん・お父さんが歯磨きをする習慣を

お子さんにみせていきましょう

親が毎回丁寧に歯磨きをしていれば

子供は自然と真似をするものです

親がはんちゃらけにさっさと終わらせていれば

子供も真似をします

子供が生まれたことを良い機会と捉え

親子で歯磨きを楽しんでいきましょう

定期的に歯医者さんに通う機会がなかった方は

これを機に、パパもママも定期的に歯医者さんに通い

虫歯予防やホワイトニングなんかにトライするのも良いですね(‘ω’)ノ



使う歯磨き粉には注意しましょう!!

食品添加物をはじめとする食の安全に気を付けている人には良く知られた話ですが

歯磨き粉の安全性にも気を付けたほうが良いですね

赤ちゃんは口の中を上手にすすげません

歯磨きしたあと、飲み込んでも問題ないものを選びましょう

この時注意すべきは、歯磨き粉の成分

特に合成界面活性剤(有名なのはラウリル硫酸Na)です

歯磨き粉と合成界面活性剤・ラウリル硫酸Na

これは赤ちゃん用に限った話ではなく

大人用の歯磨き粉にも同様に言えることなので

理解したうえで選択しましょう

合成界面活性剤(有名なのはラウリル硫酸Na)

これは強力に汚れを落とす効果のある化学物質です

油汚れの酷い工場の床清掃用の洗剤にも使われる強力なもので

・たんぱく質を破壊する

・体内に取り込まれると分解できない

・肌から吸収されやすく、また血液にも取り込まれやすいなどの特性があります

この特性は、人体に使用するには強すぎると指摘されています

口の中は一種の臓器であり、胃や腸と同様粘膜でおおわれているため

その中に取り込まれた物質は非常に吸収されやすいのです

吸収された物質は、血液の流れにのって

わずか十数秒で心臓に届くといわれます

その他、サッカリンサンナトリウム・水酸化アルミニウム・酸化チタン・フッ素・プロピレングリコールなども、発がん性・アルツハイマー・味覚障害・不妊との関連性を指摘されている物質です

これらの化学物質は大手メーカーが販売している歯磨き粉には

広く使用され、安全上問題ないとはされています

しかし、添加量は微量でも、歯磨きの頻度と口内からの吸収率の良さを考慮するなら

使用に慎重になるべきでしょう

安全な歯磨き粉は・・?太陽油脂にブリアン

ポイントとしては

・合成界面活性剤が入っていない

・防腐剤が入っていない

・フッ素が入っていない

・やたらと化学物質が入っていない

・歯が白くなる!などの宣伝文句のあるものも避ける

・格安・セール品は避ける

食品にも言えることですが、安いもの、高いものには理由があります

お求め易い価格で、安全性の高い歯磨き粉をリリースしているのは太陽油脂さんです

すこし値が張りますが、ブリアンも有名ですね(‘ω’)ノ

子供の安全は親の選択次第・・

特に、口に入れるものの安全性は納得がいくまで調べるべきですね!!



これを機会にお母さん・お父さんも虫歯・歯周病とむきあいましょう!!






リンクママの育児ブログ 妊活・妊娠・出産・育児・・

パパ、赤ちゃんありがとう日記 | kanoalink

にほんブログ村 子育てブログへ